スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

お気に入り

2010.01.19 Tue
カッライア橋を渡って、セッラーリ通りを少し歩いたところに、
私のお気に入りのお店があります。

お店と言っても、誰かが常に店番をしている様子でもなく、
手前に名前と電話番号を書いたカードが控えめに置いてあるだけ。
骨董品や古道具などを扱うお店でないかと。

私はいつもガラス越しに中を覗くだけですが、何がお気に入りかというと・・・

window1.jpg

通りに面した小さな部屋を丸々使ったショーウィンドウ!
(私の下手な写真ではどこまでお伝えできるか判りませんが)

月に一回程度の割合で変わっているのですが、
毎回、詩の趣が感じられるワンシーンがディスプレイされています。

このときは、天井から吊ったら床に届きそうなほどの巨大なシャンデリアの下に、
沢山の地球儀、そして壁全面に姿見、という不思議な組み合わせ。
どれも古びて非常に味のあるものばかりです。

同じお店のその隣のスペースはこんな感じ。

window2.jpg

色や照明の使い方などが絶妙で、ムードも満点。

この前のときなどテーブルの上に
沢山クルミを積んだ古いおもちゃのトラックがぽつんと置いてあったのですが、
よく見るとその運転席から古びれたリスのぬいぐるみが顔を出しており、
思わず一人でにんまりしてしまいました。

古ーいものを組み合わせて、新鮮かつ詩的な空間を作り上げてしまう抜群の感性は
さすがイタリア人!と思います。




カテゴリ:アート・デザイン | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。