スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

ジェラテリア

2009.08.31 Mon
“ジェラテリア”とはジェラート屋さんのこと。
夏の間は夜も遅くまで営業しているので、食後に夕涼みがてら食べに行くこともあります。

ジェラート

フィレンツェでお勧めのジェラテリア、1軒目は “GROM (グロム)”。
ドゥオモ(大聖堂)からすぐ近くで、ひっそりとした裏道をちょっと入ったところ、
Via CampanileとVia delle Ocheの角にあります。
一番小さいサイズ(コーンかカップを選べます)で2ユーロ。
月ごとにフレーバーが替わるようですが、
我ながらベストチョイス!と大変満足した組み合わせは、
オーガニックの卵を使った“昔ながらのクリーム(味)”と、アマルフィの“レモン”。

ジェラテリア2

最近知ったのですが、トリノに本店があり、イタリア各都市、
ニューヨーク、パリ、そしてなんと東京は新宿にもオープンしていましたので、
お近くの方はすぐお味見頂けますね。

ジェラテリア1

そしてもう1軒、街の中心地から少し外れますが、
アルノ川沿い、カッライア橋を渡ったところにある“ラ・カッライア”。
ジェラート好きのイタリア人の友人によると
「水っぽいシャリシャリした○○○○(某ジェラテリア)のジェラートと違い、
ここのはクリーミーでコクがあって美味しい!」とのこと。
そして一番小さいサイズでも十分ボリュームがあり、
お値段は確か1.4ユーロくらいですか、とにかく良心的です。
この夏の私のお気に入りは、モヒートとココナッツの組み合わせでした。




カテゴリ:観光 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。