スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

お庭拝見。

2013.05.28 Tue
もうすぐ6月だというのにまだまだひんやり。
夜にはコートがほしいくらいの陽気です。

さて毎年5月最後の日曜日。
フィレンツェ市内の個人所有の庭園や中庭が一般公開されるというイベントがあり、
街は地図片手に散歩を楽しむ観光客や市民でいっぱい!
(今年はピサやルッカなどトスカーナ州の別の街でも同時開催だそうです。)

高い塀に囲まれ、普段は閉ざされているお屋敷の門をくぐると
そこには別世界が!



表の通りを歩いているだけでは想像もしなかった
手入れの行き届いた緑豊かなお庭に人々はびっくり。

toes-1.jpg

そしてこちらは老木が1本そびえ立つだけでもステキな中庭。

toes-3.jpg

別アングルではこんな壁の装飾が見られます。

toes-4.jpg

普段は見られない”フィレンツェ”が楽しめる素晴らしい機会。
開催は年に1度。
午前は10時から13時、午後は15時から19時という非常に限られた時間です。




カテゴリ:観光 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

アンティーク市

2012.12.10 Mon
フィレンツェのアンティーク市で。

アンティークのお人形さんたち。
ただ古いだけかもしれませんが、
なんとなく魅かれます。

dol1.jpg


リアルです。。
こうなってくるとちょっと後退りしてしまいます。

dol2.jpg


ここまでくるともう恐いです。
うちにはとても置けません!!

dol3.jpg

夜になったら動きそうですね、この娘は。

カテゴリ:観光 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

陶器市

2012.10.09 Tue
10月最初の週末。
フィレンツェの大聖堂広場からセルヴィ通りを入ってまっすぐ、
つきあたりのサンティッシマ.アヌンツィアータ広場で開催された陶器市。



ドイツやフランス、日本の作家さんも出展、
みなさんトスカーナ近郊に工房をお持ちなのでしょう。
ここでは街中のショップでも見かける素敵な器を
作家さんから直接買うことができます。

crmc3.jpg

crmc1.jpg

ボタンやマグネット、アクセサリーなども。

crmc4.jpg

私の中でのナンバーワンはこちら!(写真下)
どちらかというと、こってりぽってり系の作品が多い中で、
とても洗練されていて目を引きます。

crmc2.jpg


迷って、迷って、迷って、迷って、
そして今回も手ぶらで帰ってきた私。
ちょっとクヨクヨしています。


カテゴリ:観光 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

merci - from Paris

2012.09.14 Fri
帰国日の午前中に行ってきました、
コンセプトストア merci(メルシ)

 併設のカフェは大通り沿い、ショップの入口は中庭に。

pa1.jpg

カラフルなヘッドホンを使ったインスタレーション。
パリデザインウィークにも参加しているようです。

pa2.jpg

地下にはキッチン&生活雑貨とレストラン、
1階には衣類やジュエリーとカフェスペース、
そして2階に家具やリネンなどインテリア用品と文具があります。

pa5.jpg

pa3.jpg

2階へ

pa4.jpg

pa6.jpg

ありました! プレーン(株)デザインの
indice(インディチェ)ブックスタンド

pa7.jpg

今回のメゾン・エ・オブジェ出展をきっかけに、
この他にもフランスで販売するアイテムが増えていきそうです。

ちなみに日本国内では
アール・エフ・ヤマカワ直営のオンラインショップ
直営のR.F.YAMAKAWA楽天市場店などで好評販売中です!



カテゴリ:観光 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

ジェラテリア Venchi !

2012.08.28 Tue
久しぶりにザーザー雨が降ってようやく少し気温が下がりました!
急な雨のせいか、バカンスシーズンも終わりだからか、
いつも観光客でいっぱいのフィレンツェのチェントロは人が少なめ。

いつも行列ができている、新しくできたジェラテリアの前を通ったら、
今日はガラガラです!入ってみましょう!

P1130206.jpg

場所はイノシシの銅像で有名なメルカートヌオヴォの前。
以前は雰囲気のよい本屋さんだったところです。
老舗のチョコレート屋さんVenchi 直営のジェラテリアなので外観も老舗っぽい。



中ではジェラートはもちろん、チョコレートも売っています。

暑いからできれば爽やかなフレーバーにいきたいところですが、
チョコ屋の経営ということなのでやはりチョコ系のジェラートが気になりますね。

P1130204.jpg

こちら、Medio(中)のコーンで3ユーロ。
Piccolo (小)2.5ユーロで充分だったのですが、新しい店なので
1種でも多く味見したいと3つのフレーバーが選べるMedioにしてしまいました。

チェリーの入ったダークチョコレート、
カカオのつぶつぶが入ったダークチョコレート、
コーヒーのシャーベットの3種類。

やっぱりチョコ系は美味しいですね!こってり。
コーヒーシャーベットは… 
昨日入れたコーヒーで作った感じで香りがなくていまいちでした。





カテゴリ:観光 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。